Sports X Leaders Program 5期
募集要綱


この度、Sports X Leaders Program 5期(2022年度)を開講いたします。参加希望の方は下記をご参照の上、ご応募ください。

概要

現代の日本において、スポーツはエンターテインメントや健康増進のツールとなるだけでなく、社会的課題を解決するためのプラットフォームになることも期待されています。
この期待に応えるために、(Sports X Initiativeでは)考え方も事情も違う者同士が同じ目線になって真剣に議論しあい、スポーツとの関わりの中で社会に新たな価値を生み出せる仕組みを創造していきたいと考えています。
そのためには、対象や物事を多視点から捉え、自らが直面する課題や取り組んでいるプロジェクトに当事者意識をもち、主体的にアクションを起こせる人材が必要です。
Sports X Leaders Programは、「システム思考」をコアに据え、各分野で異彩を放つ人材が集まり、お互いに学び合いながら新たな価値を生み出す人材を育成することを目指します。
そのために、下記5つの能力(基礎能力、専門能力、実践能力、分野横断型問題解決力、国際コミュニケーション能力)を高められるような実践的なカリキュラムとしています。

開催日程
事前学習期間
合格発表後〜7/29(金)
Phase1開始前に基礎知識習得のための事前学習及び課題出題を予定しています。
Phase1(基礎知識の学習)※2,3
オリエンテーション:7/30(土)
講義日:8/6(土)、8/20(土)、8/27(土)、9/3(土)、9/10(土)、9/24(土)、10/1(土)
※1日約5時間を想定(参加者の居住地による時差を考慮して開催時間を調整します。)
特別講義(プレインイングリッシュ)
日程は受講開始後に調整(任意参加)
Phase 2 <日本、海外スポーツ業界で働くゲストスピーカー講義>※1,2
10/15(土)、10/22(土)、10/29(土)、11/5(土)、11/12(土)、11/19(土) 1日約5時間を想定
(参加者の居住地による時差を考慮して時間を開催時間を調整します。)
Phase 3<海外実地研修>
9月末〜11月に1週間程度で調整中
(※目的、概要、費用感、日程は確定次第お知らせします。)
Phase 4 <グループワーク>
11/20(日) 〜 2/24(金)
講師と運営メンバーによるフィードバック(数回)と中間報告会があります。
最終発表会 ※3
2/25(土)


  1. ※1 海外講師との調整、海外からの参加者の都合を鑑みて、日程と時間が変更する可能性がございます。また早朝か夜間の時間帯で実施する可能性があることをご了承ください。
  2. ※2 講師は海外トップクラスのスポーツビジネス大学院教員およびSXLP修了生を予定しています。
  3. ※3 最終発表会には外部ゲスト(メディア、関係者等)が参加する可能性がございます。
内容

プログラムは3つのフェーズにて実施します。

日本のスポーツ界に求められる人材の能力を<基礎能力>、<専門能力>、<実践能力>に分けて学びます。

【Phase1】
<基礎能力>(共通に必要な能力)

スポーツ界に関わらず、複雑性・不確実性が増していく世界の中では、単一のソリューションが解決できる問題は限られています。多くの課題は複雑に絡み合っていて、システムとして問題を捉え、システムとして取り組まねば解決することはできない状況にあり、既存の思考を超えたイノベーティブな思考が求められています。私たちは、この様な環境で活躍する人材に求められる基礎的な能力を下記3つと定義しています。

  • ・多視点化力:対象を正確に理解するために必要十分な視点を考え出す力
  • ・構造化力:対象を構成要素と構成要素間の関係性の観点から組み立てる力
  • ・可視化力:構造化された対象を可視化して多くの人と共有する力

これらの基礎的な能力を獲得することで、スポーツの持つ力を最大限に活かした産業振興や社会課題の解決の第一歩が踏み出せると考えています。また、スポーツに関する多数の専門知識の獲得を行う際にも、複数の知識が整理して理解されることで専門知識の活用度合いが高まることが期待できます。

【Phase2+3】
<専門能力>(直面する課題に応じて必要な能力)

複雑度が増しているスポーツにおいては、修得すべき教育科目の細分化の傾向は強まっています。しかし、専門科目群を安易に設置しようとすると、膨大な科目群が必要になり、それは実務で活かせる現実的な対応策とはなりません。そのため、本プログラムでは、スポーツとの関わりで大規模・複雑なテーマに対するイノベーティブな問題に取り組んでいる海外および国内のトップランナーやゲストスピーカーによる事例をもとにともに考えることで、自身の解空間を広げることを目指します。

【Phase4】
<実践能力>(基礎能力と専門能力、コア・コンピタンスを統合的に運用する能力)

スポーツの現場で求められるのは、直面する課題に対して基礎能力と専門能力、コア・コンピタンスを統合的に運用して、問題定義と解決を行う能力です。特に本プログラムに参加する受講生が直面する本質的な課題は、参考となる事例が少ないことが予想されており、「問題の発見」「問題の再定義」「提供価値の明確化」「アイデアの創出」「解決策の立案」「解決策の実行」を如何に進めていくのか、受講生自らが考え出すことが求められます。つまり問題解決のやり方だけでなく、問題解決の考え方を含めた、思考のプロセスからつくり上げていくことができる能力が求められるため、それらに対応すべくプロジェクトベースドラーニング型講義を実施します。
※プログラム内容、日時等は変更となる可能性がございます。

実施会場

原則zoomによるオンライン講義

対面講義は都内(首都圏)で開催予定

コミュニケーション
ツール
・Facebook(全体的なコミュニケーションは本講座専用のグループページで行います)
・Google Drive(講義資料共有)
・オンラインホワイトボード miro (グループワーク)
参加費
50,000円(税別) (海外研修等を実施する場合は別途参加者負担になります。)
対象者
既にスポーツ業界で活躍中、もしくは活躍できる潜在能力がある方
使用言語
日本語および英語
選考方法
1.書類選考
以下2点の書類を準備し応募フォームからお送りください。

①プロフィール資料
②以下3つの問いへの回答をまとめた資料(フォーマット自由、PDF形式、10MB以内)
   - あなたにとって解決したい課題は何ですか?
   - 上記課題に対してあなたは何に取り組んでいますか?
   - 何故Sports X Leaders Programを受講したいのですか

2.面接
書類選考を通過した方には7/12(火)までにメールでお知らせいたします。なお、選考結果についてのお問い合わせには回答いたしかねますので、あらかじめご承知おきください。
募集人数
20名(程度)
募集締切
2022年7月10日(日) 23:59(JST)
応募方法
下記のフォームよりご応募ください。
» 応募フォーム
お問合せ
不明点などあれば » 問合せフォームよりお問合せください
備考
受講は選考を通過された本人に限ります。(代理の方が出席することはできません。)
主催
一般社団法人Sports X Initiative